業者選びに役に立つ各種クリーニング業に関連した業者をご紹介します。

クリーニング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

良いクリーニング店を選ぶポイントはありますか?

新居に引っ越してきて3か月が経ち、周りの環境にも慣れてきました。スーパーやショップ関係も開拓もしつつ、歯医者さんや内科などの利用する機会の多いクリニック関係も紹介してもらったりと生活基盤が落ち着きつつあります。引越しの前に冬物衣料のクリーニングを済ませるか迷ったのですが、引越しでぐちゃぐちゃになってしまうことをイメージしたので引越してから出そうと思い、そのままにしていました。主人は毎日カッターシャツを着るのですが、アイロンをかけるのが大変なのでクリーニング店に出してきました。現在の住まいから割と近いところにクリーニング店があり、そこに出しています。カッターシャツはたいていどこに出しても失敗はない印象ですが、女性用の服はクリーニング店によって当たり外れがあると感じています。先日、主人のカッターシャツを持っていた時に私のシャツも一緒に出しました。あえて何も言わずに出したのですが、主人のカッターシャツのように畳まれた状態で仕上げられていて袖に線が入っていて完全にメンズ仕上げでした。それが嫌でお店の人に言うと、シャツはブラウス仕上げとシャツ仕上げがあり、値段も違うのですが初めに言えばブラウス仕上げにしてくれるとのこと。次に冬のパンツを出すと元々センターに線が入っていないのにメンズのように入っていました。それを言うと謝られてやり直すとのことでしたが納得いかなかったです。そこのクリーニング店には私のモノを出すのは止めようと思いました。私の買う服は生地が変わったモノやデザインものの服が多いので取扱いも難しいと思います。そういったものでも安心して出せるクリーニング店を探すポイントはありますか?

回答

高級品やブランド衣類に対応しているクリーニング店を選ぶのがよいでしょう


日本全国にクリーニング店は13万軒はあると言われています。その中には店では受付だけでお客様からお預かりしたものをクリーニング工場へ出しているところが多数です。クリーニング技術の差は知識の差と言われ、実際に店舗の裏でクリーニングをしているところでなければ専門的な知識を重ねることは出来ません。さらに、クリーニング店によって扱っているものにも差があり、ブランド品独特の雰囲気やデザイン性を理解してクリーニングしてくれる店も限られるでしょう。トレンドも理解した上で素材の取扱いに長けている技術とセンスも必要です。そのためには普段からブランド品を得意としたクリーニング店を探すのが賢明です。
ホームページにメインに取り扱っているものが記載されていると思いますので出される前にチェックしてまずは1枚から試してみましょう。機械プレスできない、手仕上げが必要なブラウスを出すのが腕を試すにはおススメです。

PageTop