業者選びに役に立つ各種クリーニング業に関連した業者をご紹介します。

クリーニング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

スーツはクリーニングに出した方がいいの?

これまでは学生だったので、ほとんどスーツを着る機会もなくて、スーツをクリーニングに出したことがありませんでした。
今春から社会人になってスーツを毎日着るようになり、現在3着のスーツを着回しているのですが、もちろんワイシャツは身に付けていますが、最近暑くなってきて汗をかなりかくようになり、スーツをクリーニングに出すべきか悩んでいます。
以前大学の先輩とスーツのクリーニングについて話したことがあって、そのときはブラッシングをしていれば、特別汚れない限りはスーツをクリーニングに出す必要はないと言われたのですが、やはりどう考えても何年も長く着るならクリーニングや洗濯をしないと不潔だと思います。
スーツはクリーニングに出した方がいいのでしょうか?そうだとすればその頻度を教えてください。
もし頻度が多くなる場合は、まだ安月給で負担がかなり大きくなるので、スーツを長持ちさせるコツがあればそれも併せて教えてください。


回答

夏場はクリーニングに出す頻度がかなり多くなります。


デスクワークが多い方、外回りが多い方など、働き方によってスーツをクリーニングに出す頻度は異なりますが、冬場であれば年に1回程度、汗を多くかきやすい夏場であれば、2週間から月に1度のペースが、クリーニング店に持ち込む目安といわれています。
もちろん、体質的に汗をかくにくい方や、夏場でも日中ほとんど表に出ない方は、冬場と同じペースでも構いません。
クリーニング代を節約するなら、洗濯機で洗えるウォッシャブルスーツを選ぶことをおすすめします。
ワイシャツであれば100円などと、サービス価格でクリーニング代をかなり安くしているお店も多いですが、スーツの場合は料金もそれなりに高くなりますので、ウォッシャブルスーツはかなりお得です。
スーツを長持ちさせるには、日々のブラッシングがかなり効果的で、どうしてもクリーニングに出す回数が多くなると、生地が傷みやすくなって寿命を短くしてしまいます。
スーツの数を増やすことも、クリーニングの回数を減らす良い方法で、最近では安価でも高品質なスーツも増えています。
そもそもスーツは、1日身に付けたら最低でも2日か3日は休ませるのが基本であり、そうすることで吸収した汗などを乾燥させて、シワや型崩れを修復することができます。
スーツを長持ちさせるには、木製ハンガーを利用することもおすすめで、どうしてもサイズが合わない金属製のハンガーを利用すると、型崩れの原因となってしまいます。

PageTop